中性脂肪 お茶

お茶に中性脂肪を下げる効果があるってホント?
Line

お茶に中性脂肪を下げる効果があるってホント?


お茶に中性脂肪を下げる効果があると言うのは、ホントです。

ただ、お茶にもいろいろな種類があります。

具体的には、「烏龍茶」に含まれているポリフェノールが、脂肪を分解して体内への吸収を抑えてくれる効果があるとされています。

その為、飲むタイミングは食後がオススメです。

「ルイボス茶」はその抗酸化作用から、血液中の活性酸素を減少させ中性脂肪の増加を防ぎ、「杜中茶」には血液中の脂質を減少させ、内臓脂肪の蓄積を防ぐ効果があるとされています。

また、「トクホ」のお茶は、その有効性が認められていますので、習慣的に飲む事で中性脂肪を効果的に下げてくれるでしょう。

中性脂肪が気になるようでしたら、食事の際の飲み物をトクホのお茶に変えてみるといいかもしれませんね。

その際、1日の摂取推奨量が決まっていますので、くれぐれも飲み過ぎには注意するようにしてください。

Line

中性脂肪が気になるなら温かいお茶を飲んだ方がいい?


中性脂肪が気になるなら、温かいお茶を飲んだ方がいいでしょう。

基本的に、冷たい飲み物よりも温かい飲み物の方が、内臓にも優しく健康に良いとされています。

また、温かいお茶を飲むと身体が温まり新陳代謝がアップしますので、脂肪燃焼の効果も期待できて一石二鳥です。

その為、お茶を飲む際は、できれば温かいお茶にした方がいいでしょう。

コンビニや自動販売機などでお茶を購入する際にも、温かい方を選んでください。

ただ、外出先となると、なかなかそうもいきませんね。

そんな時には、ちょっと面倒ですが、外出時には温かいお茶を入れた水筒を持ち歩いては如何でしょうか?

お財布にも優しく、中性脂肪の改善にもなりますので、一石二鳥となりますよ。

Line

1日にどれくらいの量のお茶を飲んだら中性脂肪が下がる?


1日にどれくらいの量のお茶を飲んだら中性脂肪が下がるかと言うと、そのお茶に含まれている成分の量にもよりますので、ハッキリとは言えません。

例えば、緑茶に含まれているカテキンには、食事中のコレステロールの吸収を抑える効果があります。

カテキンは、約200mgを1日に3回摂取すると血中コレステロールが減少する、といったデータがあります。

1本のペットボトルに含まれているカテキンの量は約200mgですので、食事の度に500mlのペットボトル1本を飲むようにするといいでしょう。

また、お茶は飲めば飲む程中性脂肪が下がる、と言うものではありません。

1度に大量のお茶を飲むよりも、毎日の習慣として飲むようにした方が、身体にも優しく中性脂肪を下げる事ができるでしょう。

Line