中性脂肪 高い

中性脂肪が高い原因にはどんな事が考えられる?
Line

中性脂肪が高い原因にはどんな事が考えられる?


中性脂肪が高い原因としては、次のような事が考えられます。

・糖質・脂質の摂り過ぎ
・運動不足
・アルコールの飲み過ぎ

まず、肥満にも繋がるのですが、糖質や脂質を摂り過ぎると、どうしても中性脂肪の値が高くなります。

それは、必要以上のエネルギーを摂取する事で、体内にエネルギーが余ってしまい、その余った分が中性脂肪となって血液中に残ってしまうからです。

この事は、運動不足にも関係します。

いくら、糖質や脂質の摂取を制限していても、それ以上にエネルギーを消費しないと、やはり体内にエネルギーが残ってしまいますよね。

適度な運動を行う事で、エネルギーが消費され、余分な脂肪も燃焼されます。

また、意外と知られていませんが、アルコールも中性脂肪の値を高くする原因となります。

理由は、肝臓が優先的にアルコールを分解するからです。

すると、体内の脂肪酸を分解する能力が弱くなってしまい、脂肪酸が蓄積され中性脂肪の合成が促進してしまいます。

中性脂肪が高いのであれば、できるだけ禁酒してくださいね。

Line

中性脂肪が高いのは肥満だから?


中性脂肪が高いのは、肥満も大きく関係しています。

肥満になる主な原因は、食べ過ぎにあります。

満腹になるまでご飯やお菓子を食べたり、甘いジュースを飲んだりしていれば、肥満にもなりますよね。

そしてそれが、中性脂肪が高くなる原因にもなるのです。

ただ、肥満で中性脂肪が高くなっている場合、食生活に注意するだけで大幅な中性脂肪の改善が期待できます。

肥満である事が気になったら、早めに血液検査を受けて中性脂肪の値をチェックしてみましょう。

実際の中性脂肪の値を知ったら、本気でダイエットに励めるかもしれませんよ。

Line

中性脂肪が高いのは遺伝だから?


中性脂肪が高いのは、遺伝も多少は関係している事があります。

それは、先天的な異常の為、体内のコレステロールを調節する機能が上手く働かない場合です。

その為、中性脂肪の値が高くなってしまう事があります。

ただ、遺伝による中性脂肪の影響は3割程度だとも言われています。

つまり、後の7割は、やはり普段の食生活やアルコール、運動不足が原因となっているのです。

また、遺伝によって中性脂肪の値が高くなっている場合でも、生活習慣を改善する事によって、中性脂肪の値を下げる事も可能です。

中性脂肪の値が高くなる原因は、肥満以外にも様々あります。

自分の中性脂肪の値が高いか低いかは、血液検査を受けなければ知る事ができませんので、健康診断は必ず受けるようにしましょう。

Line