中性脂肪 アルコール

中性脂肪とアルコールって関係あるの?
Line

中性脂肪とアルコールって関係あるの?


中性脂肪とアルコールには、関係があります。

普段から脂っこいものが嫌いで、魚や野菜を食べている、といった方で、何故か中性脂肪の値が高い場合、それはアルコールのせいかもしれませんね。

アルコールが肝臓で分解されているのは、ご存知でしょう。

この、肝臓で分解されている中で、実は中性脂肪も合成されています。

この分解は時間をかけて行われますので、毎日アルコールを飲んでいる方の場合、常に肝臓が働いている状態となり、負担が大きくなります。

更に、中性脂肪の合成も休みなく行われていますので、肝臓に脂肪が溜まってしまう事にもなるのです。

また、アルコールにはおつまみがつきものですね。

特に、塩分や脂分が多いおつまみが美味しく感じてしまいますし、シメにラーメンといった事にもなりかねません。

アルコールの摂取は、カロリーの摂り過ぎに繋がりますので、くれぐれも注意するようにしてください。

Line

中性脂肪が高くならないアルコールにはどんなものがある?


中性脂肪が高くならないアルコールには、次のようなものがあります。

・焼酎
・ウイスキー
・ブランデー
・ウォッカ
・ラム
・ジン

以上のアルコールは蒸留酒であり、糖質ゼロのアルコールです。

他にも、赤ワインは糖質が少なく、含まれているポリフェノールにはコレステロールの酸化や中性脂肪の生成を抑える効果がある、とれています。

反対に、糖質が多いアルコールには、ビールや発泡酒、チューハイ等が挙げられます。

中性脂肪が高い場合には、できるだけ糖質がゼロに近いアルコールを選ぶようにするといいでしょう。

ただ、いくら糖質が低いからと言って、いくら飲んでも中性脂肪が高くならない、といった事はありません。

量を多く飲む事で、肝臓に大きな負担を掛け、それが中性脂肪の増加を招く事もあります。

また、アルコールに糖質が含まれていなくても、一緒に食べるおつまみが原因で、中性脂肪が高くなる事もあります。

アルコールの種類を選ぶ事で、多少は中性脂肪の値を抑える事はできます。

けれど、一番大切なのは「適量」を守る事でしょう。

Line

中性脂肪が高いならアルコールは止めた方がいい?


中性脂肪が高いなら、アルコールは止めた方がいいかもしれませんね。

確かに、多少のアルコールであれば、血流も良くなりストレス解消にもなります。

けれど、アルコールを日常的に摂取する事で、身体が慣れてしまい、多少のアルコールでは満足できなくなる可能性があります。

もし、中性脂肪の値が高く、薬を服用するようなレベルであれば、アルコールはキッパリと断つことをオススメします。

ただ、アルコールだけはどうしても止められない、といった方がいらっしゃるのも、事実です。

そのような場合には、休肝日を必ず設けるようにしましょう。

アルコール分解で、肝臓はフル回転しています。

その肝臓を休める意味で、全くアルコールを摂取しない日を、1週間に2日以上は設けるようにします。

慣れてくると、3日、4日アルコールを飲まなくても、我慢できるようになるかもしれません。

これだけでも、中性脂肪の改善に効果的ですよ。

Line