中性脂肪 病気

中性脂肪の値が高いのは病気だから?
Line

中性脂肪の値が高いのは病気だから?


中性脂肪の値が高いのは病気だから、と言った事はありません。

反対に、中性脂肪の値が高いままだと、その事が原因で病気になる可能性があります。

まず、中性脂肪の値が高いとは、血液中に脂肪がたくさん含まれている、と言う事です。

よく、サラサラ血液、ドロドロ血液といった言い方をしますが、まさに中性脂肪の値が高い血液は、ドロドロとした血液になっている状態の事を言います。

ただ、中性脂肪の値が高くなっても、身体のどこかに痛みを感じたり、異常が出たりする事はありません。

その為、自分の中性脂肪の値が高い事に、なかなか気が付かないケースも多いのです。

中性脂肪の値が高い状態が続くと、ドロドロとした血液が血管の内側にこびりついて、血液の流れが悪くなったり、血栓ができやすい状態になったりします。

そして、動脈硬化へと進行してしまうのです。

健康診断などで中性脂肪の値が高いと指摘された場合には、すぐにでも中性脂肪の値を改善させる努力が必要です。

そのまま放っておく事で、命に関わる病気になる可能性もあるのですから。

Line

中性脂肪の値が高くて発症する病気にはどんなものがある?


中性脂肪の値が高くて発病する病気には、次のようなものがあります。

脂質異常症
・動脈硬化
・脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血
・心筋梗塞、心肥大、心不全、狭心症
・糖尿病
・脂肪肝

ただ、中性脂肪の値が高いからと言って、いきなり脳梗塞や心筋梗塞といった、命に関わる病気を発症する訳ではありません。

まず、中性脂肪の値が高くなると血液がドロドロになりますが、これが脂質異常症です。

すると、血管がもろくなってしまう動脈硬化を発症し、血管が破れやすくなったり、血液が流れなくなったり、心臓に過度の負担が掛かったりして、致命的な病気を発症してしまいます。

その為、中性脂肪の値が高いと気付いたら、早急に改善させる事が大切です。

Line

中性脂肪が原因で病気にならないようにする為にはどうしたらいい?


中性脂肪が原因で病気にならないようにする為にはどうしたらいいかと言うと、定期的に健康診断を受けるようにします。

中性脂肪の値が高くなっても、自覚症状を感じる事は殆どありません

その為、中性脂肪の値が高い状態のまま月日が過ぎてしまい、最終的に命に関わるような重大な病気を発症する事も多々あります。

そうなってから後悔しても、もう遅いのです。

そうならない為にも、定期的に健康診断を受け、自分の中性脂肪の値を知っておく事が大切です。

主婦の方で、会社の健康診断が受けられない場合は、自治体の健康診断を必ず受けるようにしてください。

中性脂肪の値は、日頃の生活習慣や食生活で改善させる事が可能です。

そしてそれが、病気を予防する事にも繋がります。

少しでも値が高いと思ったら、そのまま放っておかないで、自分の生活スタイルを見直すようにしましょう。

Line