中性脂肪 効果

中性脂肪を下げる効果のある食事の仕方ってある?
Line

中性脂肪を下げる効果のある食事の仕方ってある?


中性脂肪を下げる効果のある食事の仕方は、あります。

まず、より少ない食事の量で満腹感を味わう為に、ゆっくりとよく噛んで食べるようにしましょう。

よく噛む事で、脳の満腹中枢が刺激されます。

また、早食いを避けて食事に時間を掛ける事で、満腹感を味わう事ができます。

次に、食事は腹八分目で我慢しましょう。

もう食べられない!といった限界まで食べていると、確実に摂取カロリーをオーバーしてしまいます。

これは、中性脂肪だけではなく、健康にも良い効果がありますので、できれば腹八分目を守るようにしてください。

最後に、毎回決まった時間に食事をするようにしましょう。

食事のリズムが決まっていないと、身体は1度の食事からできる限りのエネルギーを吸収しようとしてしまいます。

毎回決まった時間に食べるようにすると、身体は飢餓状態になる事はない、と判断できるようになり、余分なエネルギーを吸収しいないようになります。

Line

野菜に中性脂肪を下げる効果があるってホント?


野菜に中性脂肪を下げる効果があると言うのは、ホントです。

具体的には、トマトやピーマン、ブロッコリーといった緑黄色野菜です。

緑黄色野菜には、抗酸化作用のあるビタミン類が豊富に含まれています。

その為、野菜を食べる事で、ドロドロとした血液がサラサラになる効果が期待できるのです。

また、野菜には食物繊維が含まれているものも、多くあります。

食物繊維には、脂肪の吸収を抑える効果が期待できますので、肉などを食べる際には、必ず野菜も一緒に食べるようにしてください。

そして、忘れてはならないのが玉ねぎです。

玉ねぎのニオイの元となっている硫化アリルという成分には、血液をサラサラにして血栓を予防する効果があります。

カラミ成分である硫化プロピルには、中性脂肪の他にもコレステロールや血糖値の値を下げる効果がある、と言われています。

玉ねぎを食べるなら生の状態のサラダがおすすめですが、スープやお味噌汁にするなら汁まで全て飲み切るようにすると、玉ねぎの成分を全て摂取する事ができますよ。

Line

魚に中性脂肪を下げる効果があるのは何故?


魚に中性脂肪を下げる効果があるのは、EPAやDHAが豊富に含まれているからです。

このEPAやDHAには、血液をサラサラにしてくれる効果がある事で知られています。

つまり、魚を食べる事でドロドロ血液が改善され血行が良くなり、動脈硬化や血栓ができる事を防止する効果が期待できます。

ただ、注意しなければならないのが、EPAはとても酸化しやすい成分である、と言う事です。

ビタミンCやビタミンEと一緒に食べると、酸化も抑制されますので、覚えておくといいでしょう。

Line